『ブレードランナー2049』を見にいってた

言葉に言い表せない感動を受けた。
自分が前作の『ブレードランナー』を盲目的に傾倒しているのだけども、前作を見て劇的に感動したものと近い衝撃を今作からも受けた。ヤバイ。凄い。こんなSF映画を見せてくれて本当にありがとう。
まずは前作をみておかないと全くと言って良いほど楽しめないので、今作からブレードランナーを見るという人には全くオススメできない。あえて、もう前作のオリジナル版は見てるから分かってるでしょ?的な作りになっていて、本当に知ってる人にはヤンヤヤンヤのスタンディングオベーション。前作をリオ.スペクトしたオマージュもイッパイで2時間40分と言う時間もあっと言う間に過ぎ去るトリップ感。
人間というカテゴリーで登場するのはハリソン・フォードのデッカードと他数人しか登場せず、ライアン・ゴズリングが演じる主人公の捜査官Kもレプリカントで、ほとんどレプリカントが主体となってストーリーが展開。
荒廃が進んだロサンゼルスはやはり雨と夜景が似合う濁った感じが美しい街で、今作では人が住んでいないラスベガスも新たに登場し砂塵の中で静かに佇むビル群が非常に美しかった。
ライアン・ゴズリングは若くカッコいい現役ブレードランナーで、ハリソン・フォードは老いてもカッコいい元ブレードランナー。
二人が出会う所ぐらいから凄く面白さの加速度が増したと思う。
まだ続編が作れそうな終わりを迎えるので、さらなる続編を期待したいところ。
再来年の2019年はレプリカントが反乱を起こす年だしね。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ』最速上映に行ってた

プリキュアの映画は聖地大泉学園で最速上映で見るのが年2回の習わし。
今回もキラプリ単品映画もプリオタが集う深夜の映画館までGOな訳ですよ。
で、今回の映画はメチャクチャたーのしー!の一言。
マジメさを取り払ってギャグ要素にパラメーターのほとんどを振ってしまった感じの勢いのある超娯楽大作。
シエルのスイーツ師匠で今回のゲストキャラのジャン・ピエールもスイーツに対しては一貫としてブレのない情熱を注ぎこむもののれっきとした変人。嫌でも目につく存在感と行動はプリキュアの存在の上をゆく素晴らしいキャラだったかと。
そのプリキュア達も終始お笑い要員に徹した感じで本当に今回のプリキュアは心底面白かった。
ピンのプリキュア映画では初であろう、前作のまほプリメンバーもゲストで登場するし、色々とチャレンジ感あふれる今作はプリキュア映画の中でも一石を投じた名作であると信じて疑ってませんw

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『劇場版 Fate/staynight Heaven's Feel』を見に行ってた

10/15の公開2日目に『劇場版 Fate/staynight Heaven's Feel』見に行ってました。
PCゲーム版を予約して発売日に購入し、Heaven's Feelルートをやったのは13年前。
発売以来一度も映像化されていなかったHFルートがようやくアニメ化と言うか、よくアニメ化したなーってのが素直な印象。
初代staynightのゲームではFate編、UBW編と順番にクリアしていって最後にプレイできるのがHF編で、これまでのルートでプレイしてきた様々な設定を知ってる前提でプレイするルートなんで、アニメ化にあたっての懸念点は「果たして、FGOしかFateを知らんようなにわかファン(暴言)が、ポッと出で映画を見に行って楽しめるのだろうか?」という所。
映画を見て正直に思ったのが、導入部分がかなり端折られてるのでHFからFateのアニメを見る人にはちょっとキツイんじゃね?と思いました。
士郎がランサーにやられたシーン、セイバーの召喚などが何の説明もなく最初のバーサーカー戦に至るまでの経緯はバックでUBWからの映像シーンを流してるだけなので、初見の人は分かり難かったのでは?
しかしながらFateシリーズ最後初のアニメ作品だけあってゲーム本編にはなかった(というかその時は存在してなかった)Zeroの内容も保管して取り込んでいるので、これまでのシリーズを知ってるファンには嬉しい御褒美になってるかと。
妥協をゆるさぬufotableの作画はどのシーンも全て神がかっていて、特にランサーとアサシンの戦闘シーンは見てるだけで「このシーンを担当したメンバーは何回死んだんだ?」って思うような果てしのない凄まじさ。
その中でも一番のお気に入りシーンはランサーが陸上部の選手のようなメッチャ綺麗なフォームで走るシーンでしたw

いい感じでゲームの内容も忘れている所もあったので新鮮な気分で楽しめました。
次作の公開が2018年とのことなので「ホントでござるかぁ~?」とFGOの佐々木小次郎のような半信半疑な気分で気長に待ちます。

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『ダンケルク』見てきた

先週だけど10/1の映画の日に『ダンケルク』を見に行ってた。
戦争映画というよりかはセリフも少なく主人公不在のドキュメンタリーを見ているような感じで、ダンケルクから撤退するイギリス兵側の視点、ダンケルクに向う民間の撤退船からの視点、イギリス空軍からの視点がそれぞれの時間軸で進行し、最後のキレイに融合する一時も休めない緊張感が漂う映画だった。
映画見る前に買ったドリンクを映画に集中しすぎて見てる最中は一口も飲まなかったのは今回が初めて。
2時間近くやってたような気もしたけど、パンフレットみたら上映時間は100分とちょい短め。
クリストファー・ノーランが監督した作品の中でも異色だけどかなり好きなほう。
これ見たらスピットファイアのプラモがちょっと欲しくなった。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

『ワンダーウーマン』を見てきた

バットマンvsスーパーマンで颯爽とテンション上がるBGMとともに登場し、バットマンとスーパーマンの二人が霞むぐらいのある意味真の主人公的な活躍を見せたワンダーウーマンが、単品作品としてようやく映画公開。
かなり前から期待してたのでメチャクチャ楽しみにして見にいったら予想以上の出来の良さに大満足。
これまで見てきたDCコミックの映画の中でも一番良かった映画だった。

隔絶された女ばかりの島から外界の飛び出したビキニアーマーのアマゾネス戦士(ワンダーウーマンね)が第一次世界大戦真っ只中の舞台に飛び出しドッタンバッタンする痛快娯楽ヒロイン映画ここに極まれり。
ガル・ガドットもキレイで超美人さんでアクションも難なくこなすし、ガル・ガドット目当てだけに見にいくのも全然ありのこの映画。
今後のDCコミック映画を盛り上げて勢い付けていく役目を十分に果たせた作品ではなかろうか?

個人的に今夏のスパイダーマンかワンダーウーマンのどちらかを勧めるならい、ワンダーウーマンを強くオススメする。

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

『魔法少女リリカルなのはReflection』を見てきた

鑑賞券を頂いてたので、公開最終日に新宿ピカデリーでなのは劇場版を鑑賞。

「StrikerSまでの間にこんなことがあったんかー」

と思いながら見てた。
今回出てくるキャラはどうやらPSPのゲームに登場するキャラらしいけど、ゲームやってないから新鮮で楽しめました。
相変わらず魔法少女らしかぬメカメカしいカッコよさと熱苦しい展開が胸熱。
2時間尺でイイ感じクライマックスに進んでたので、どう最後まとめるのかワクワクしてみてたら次回に続いた…

「続きあんのかよ!」

と内心ツッコミながら劇場を後にしました。

顔面グーパンで殴られるJSが見れるのはなのはだけ!

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『スパイダーマン ホームカミング』見に行ってた。

ようやっとMCUシリーズでピン映画公開のスパイダーマン。
これまでのスパイディーと違ってアベンジャーズに合流するための独自設定がてんこ盛りですが、やっぱスパイダーマンはスパイダーマン。特に今回は完全に高校生というかガキんちょ目線で物語が進むのでこれまでのスパイダーマンとは違った面白さがありました。
大きな事件は後回しで、地元密着の親愛なる隣人からのスタートなのが良かったしグッと来た。
トビー・マグワイアも良かったけどトム・ホランドのピーター・パーカーが個人的に一番最高。
子供ヒーローがアベンジャーズでどんな活躍を見せてくれるか楽しみ!

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

『バトルシップ』見てた。

金曜ロードSHOW!で放送予定だったのが米海軍イージス艦衝突事故に配慮してかいきなり放送中止になったものの、負けじと重度のバトルシッパー達は金曜夜6時からバトルシップのDVDやBlu-rayを再生させてtwitterで「#バトルシップ放送中止代替同時鑑賞祭り」をつけて実況しあうお祭り騒ぎにドッタンバッタンの大発展。
自分もBlu-ray再生に手間取り(初っ端に予告とか入るのが飛ばせない…)30分遅れぐらいで視聴開始。
この映画は映画館にも見に行ったし、何度見ても心滾る熱い作品なのだ。

で、本当の本編開始は終盤手前で主人公のテイラー・キッチュと浅野忠信が乗船してた駆逐艦が轟沈してから。
エイリアンと戦うために最後に残ってた兵器が戦艦ミズーリ。
そしてどこらかともなくミズーリを動かすために次々と現れる退役軍人のジジィ達!
ここが映画館で見た時に最初に涙した熱いシーン。
Battleshipmp4_005980194.jpg
そして錨を落として水上ドリフトからの敵に集中砲火がムチャクチャカッコいい!
ジイさんたちもハッスルしてて頼もしい!
Battleshipmp4_006451697.jpg
Battleshipmp4_006461215.jpg
Battleshipmp4_006528213.jpg
何十年も前の兵器がエイリアンの戦艦をボッコンボッコンに破壊していく様を見るのも非常に気持良い展開。
本当に騙されたと思ってこの映画は一度は見て欲しい。
ジジィ萌えなら確実に楽しめるはハズw
Battleshipmp4_006532276.jpg

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

『ドクター・ストレンジ』Blu-ray購入

Amazonでポチった『ドクター・ストレンジ』Blu-rayが到着。

モチロン、3D版同梱のヤツをゲット。
休日もあって、3D版で字幕版と吹替版を視聴後、通常版ディスクのほうでボーナストラックのメイキングや未公開シーンとNGシーンを視聴。最後にスコット・デリクソン監督のコメンタリーで本編を視聴して一通り余すこと無く堪能。
良いドクター・ストレンジ休日だった。

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を見てきた

原題はリミックスではなくてVol.2ね。
「Vol.2」ってのがいかにもカセットテープのラベルに書きそうな感じで、僕は断然「Vol.2」派です。

今回もノリノリの80'sミュージックをBGMにカッコよく、カワイク、下品に宇宙を震撼させまくるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。
笑って泣いて見た後はスッキリと感動の余韻が残りまくる超大作。
今回は油断してると泣かされるので要注意。
今まで見てきたマーブルシリーズの映画の中でも間違いなく一番泣いた。
あと今回スゴイのは脇を固める大物ゲスト俳優達。
カート・ラッセル、シルベスター・スタローン、えー?と思うような場所でデビッド・ハッセルホフなどなど。
事前情報は全く仕入れてなかったのでスターローン出てきた時はメチャクチャびびった。
スタン・リー御大も登場シーンも増えてたしセリフも多かった。

未だ、アベンジャーズとの繋がりは皆無のガーディアンメンバーなので、どのように接点が生まれるのか来年公開のアベンジャーズ インフィニティーウォーがスゲェ楽しみである。
次のアベンジャーズまでに、スパイーダーマン、ソー、ブラックパンサーと3本もヒーロー映画があるのも嬉しい限り。
3ヶ月後にはスパイーダーマン見てヒャッハー言ってそうw

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』のBlu-ray購入

秋葉原で中古だけどウィンター・ソルジャーの3D版Blu-rayをゲット。
Amazon初回限定のスチールケースのやつ。
ウィンター・ソルジャーは映画館で見たきりだったけど、マーブル作品の中でも屈指の肉体vs肉体のアクション映画。
ハイウェイで襲撃されてからのキャップとウィンター・ソルジャーの戦闘シーンがムチャクチャ熱い!
あと吹き替え版の中村悠一さんがイケボすぎて、今更ながらにキャップの吹替が芸能人でなくて実力のある声優さんで良かったと痛感。
ナターシャやファルコンの吹替と聴き比べると中村悠一さんが巧すぎてため息でるわw

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

Amazonより『ローグ・ワン』Blu-rayが届く

Amazon初回限定の3D版同梱ゲット。
とりあえずはPSVRで3D版を堪能。続けてボーナスディスクを見てより深い世界観に触れて、最後に日本語吹き替え版を見てこの日は終了。
昨年に映画館で見て以来だったけどやっぱ感動のあまり一人で部屋の中で泣く。チアルートとベイズが最高。
冒険活劇という訳ではなく戦争映画に近いテイストで悲劇の果ての希望に繋がる作品なんだけど、やっぱ男の子なので青い空青い海でXウィングが飛び交い、帝国の逆襲以来のAT-ATタイプの兵器が戦闘するシーンとか見ちゃうとドキドキとワクワクが止まらないメチャクチャカッコいい作品でもある。

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

3D版『パシフィック・リム』が楽しい

既にAmazon限定のスチールブック版パシリムは持ってるけどPSVRが3D再生に対応したので、中古で3D版『パシフィック・リム』のBlu-rayを購入。
やっぱ3Dで見ると臨場感がまるで違ってて超楽しい!
何度も見たハズの映画でも繰り返し見たくなるのが良いね。
ただ気分悪い時に3Dで見ると自宅でも酔うので要注意だ!w

普段洋画は字幕派だけどパシリムに関しては断然吹替版。
杉田智和さんと林原めぐみさん最高やろ。

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

『ラ・ラ・ランド』を見た。

初っ端の高速道路で唐突に始まるミュージカルを見て「スゲェ!」って思うか「ナニコレ?」と思うかで、印象が変わりそうな映画ではありそうな気がするけど、正直そのミュージカルシーンで度肝抜かれてつかみは120%OK。
冒頭からミュージカルシーンが終わるまでの間はワンカットで撮影されていて(切れ間がなかったんで多分ワンカット…)、他のミュージカルシーンもほとんどがワンカットで撮影されている気合の入りよう。
エマ・ストーンも可愛かったけど、ライアン・ゴズリングのピアノ演奏シーンがステキにカッコよく聞き惚れてた。
何でもライアン・ゴズリングは3ヶ月間ピアノの猛特訓をしてピアノ演奏シーンも代役なしで見事に演りきったとの事。
3ヶ月で修得できたとは思えないぐらい素晴らしいのでミュージカルシーンとライアン・ゴズリングの演奏シーンを見るだけでも十分に価値はある映画じゃないかなぁ、と。
終わりはちょっと切なく。
これも監督が過去の名作に倣ってそうしたらしい。
オープニングは底抜けに楽しい雰囲気で始まっただけに、シンミリ終わるよりも明るく前向きな終わり方のほうが個人的には良かったかな?

テーマ : ミュージカル映画 - ジャンル : 映画

『キングコング 髑髏島の巨神』を見た。

「日本の特撮映画ももっとこんなの作ってよ!」と声を大にしていいたくなるぐらいにド直球な怪獣映画でした。
ぐうの音が出ないほどに素晴らしい!
これを見て喜ばない怪獣ファンはいないんじゃなかろうか?
コングは映画開始そうそうから出てくるし、髑髏島には様々な怪獣がイッパイ!
人間も含めてちぎっては投げちぎっては投げするコングがカッコいいし強烈に強い!
たまには劣勢になる時もあるけれど、基本的に弱気を助け強きをくじく精神なのが良いですな。
ピーター・ジャクソン監督のキングコングもリメイクとしてもコングとしても惚れ惚れする面白さだったけど、今回のキングコングは対怪獣として登場する巨大な神でありウォーリアー。
既にゴジラと戦うことも決定されているし、今作でもギャレス・エドワーズ監督のゴジラを繋がる要素を見せているので今後も展開がすこぶる楽しみ。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画