fc2ブログ

認めてはいけない

勝利した選手には申し訳ないが、茶番劇にしか見えなかった。
何が悲しかったって、そんな茶番劇の導入に範馬勇次郎が使われた事だ。
試合云々、結果云々よりも激しく絶望した。
雄雄しき史上最強の生物は小物なんぞ認めてはいけない。
品位を大きく下げるだけだ。
オーガを引き合いに出した以上、挑戦者は圧倒的なまでの力でもって
誰の目から見ても有無を言わせないような一方的な勝利をおさめるしかなかった。
結果を見れば散々なものである。
敗れた挑戦者は、範馬勇次郎にこそ死ぬ覚悟で謝罪すべきである。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する