FC2ブログ

『ランペイジ 巨獣大乱闘』 を見た。

これは怪獣映画の皮をかぶったゴリラと人間の友情の物語。
いや、途中から主役のドゥエイン・ジョンソンもゴリラにしか見えなくなってきたからゴリラとゴリラの友情ストーリーか。

とにかくゴリラのジョージが最高にいいヤツというかいいゴリラ。
これまで見てきた映画に登場するゴリラの中でも堂々のマイ・ベスト・ゴリラNo1。

タイトルになってるランペイジのゲームはドマイナーすぎてファミコン直撃世代の自分ですら知らなかったゲームなんで(そもそもとして日本で発売されていないっぽい)、ゲームを知らなくても頭空っぽで楽しめる映画になってるので、ゴリラを存分に楽しみたい、味わいたい方は今すぐ映画見に行ったほうがいいです。
シカゴの街で白昼から、ゴリラ、狼、ワニ、ゴリラ(ドゥエイン・ジョンソン)の4匹がまさにタイトル通りのランペイジ(暴れまわる)するのが圧巻なので、映像としてのカタルシスも素晴らしい作品でした。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する