FC2ブログ

『パシフィック・リム アップライジング』字幕版見てきた。

前作パシフィック・リムが凄く好きだったので、今作も超期待して公開初日にTOHO新宿シネマズにてIMAX3Dで鑑賞。

結果、メチャクチャ良かった!
前作監督のギレルモ・デル・トロから今作ではスティーヴン・S・デナイトに変わり、鑑賞前は一抹の不安は感じていたのが鑑賞後には見事に払拭。
このスティーヴン・S・デナイトも幼少期から日本の特撮に慣れ親しんでベスト怪獣はキングギドラと語るオタク監督なので、どう転んでもオタクが喜ぶような映画しか完成しないかとw
何となくイメージというか個人的見解がデル・トロ監督の前作は昭和の特撮映画のオマージュで、デナイト監督の今作は昭和~平成にかけての特撮ヒーローテレビ番組(もしくはロボットテレビアニメ)のオマージュに近い印象。
アップライジングは見た目が前作よりも色味が派手な感じで日中での戦闘が多く、決め手だったのは合体怪獣の登場で「あー、ウルトラマンエースのジャンボキングだ」と思ってしまったのが上記理由。
※ウルトラマンエースに登場するのは怪獣ではなく超獣なのでこの場合は合体超獣ね

素直に前作よりも面白く思ったので、吹替版も見に行く。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する