『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を見てたんだった

先月の1月にローグ・ワン見てたんですよ。
作年末公開時はちょっとスルーしてて年明けてからの鑑賞ということで。

何が良かったかって、自分の中の男の子を刺激してくる数々の戦闘シーンね。
帝国の逆襲以来で登場のAT-AT(今回はAT-ACTっていうみたい)がスクリーンに登場してからがブワッと滾るものが溢れ出てきた。
あと美しいまでのX-ウイングのドッグファイト。
これまではX-ウイングは宇宙空間での戦闘シーンが多かったけど、青々としたシーサイドでの戦闘が凄く印象的。
キャラクターで言えばダントツでチアルートとベイズのコンビが最高に良かった。

これまでのスター・ウォーズと比較してみても結構悲惨な要素が強くて、スター・ウォーズの冠がついた戦争映画みたいな認識。
過去スター・ウォーズを7作品見てきたけど、今回のローグ・ワンが一番泣かされた。
ラスト10分がとにかく素晴らしい。
ローグ・ワンとスター・ウォーズⅣはセットで見ることを超オススメ。

テーマ : スター・ウォーズ - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する