PS3のハードディスク交換

PSPLUSの年間会員になってフリープレイのゲームをダウンロードしていったらPS3のハードディスクがあっという間に容量が限界突破したので内蔵ハードディスクを交換する事に。
自分の持ってるPS3の型番はCECH-2100の120G内蔵のヤツなので、本体下部のネジを回してカバーを外して約10年分のホコリと一緒にハードディスクを摘出。

左が元々内蔵されてた東芝のハードディスクで右側のハードディスクが今回買ってきたHGST Travelstarの1Tハードディスクで、ものの3分ぐらいで交換完了。

メンドイのがPS3のシステムバージョンアップさせるために、PCから最新バージョンのアップデートファイルをダウンロードしておいてUSBメモリか何かの外部記録媒体に保存してPS3に挿しておかないといけない事。
コレやらないとハードディスクの初期化すらやってくれない事態になっていきなり詰むので、何も知らずにハードディスク交換しようとするとツライ目に合うので注意。
無事にハードディスク初期化(3分ぐらい)して最新バージョンのシステムに状態を戻して無事に正常可動。
ちゃんとハードディスクに認識してくれて1Tの大容量に生まれ変わったPS3に待ち受けるのは、PSSTOREからゲームの再ダウンロード地獄だった…
これまでダウンロードしてたゲームの再ダウンロード&ここぞとばかりの他の無料コンテンツとかもダウンロードしていったらいきなり200G近くインストールしたった。
容量が大きいということは良い事だ。
まだまだ戦える。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する