『10 クローバーフィールド・レーン』を見てきた。【ネタバレあり】

公開初日の6/17に見に行ってた。
前回のように怪獣ありきの映画と思って期待してしまうととても残念な気持ちになってしまうので、狂人の管理下に置かれた密室(シェルター)から脱出を試みるサイコホラーと割りきって見てしまえば良いと思っています。
怪物も登場はするけれども後半中の後半。
何処から来て何を目的とするのか?前作との関連性があるのか?等が一切不明のまま終わってしまうのも前作同様。
ジョン・グッドマンの演技が凄くて、正直な所怪物よりもジョン・グッドマンが演じてたハワードのほうが見てて怖かった。
久々に映画見終わった後に「えー、マジかー?」と色んな意味を含んだ心情を吐露した映画だった。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する