『仮面ライダー1号』を見てきた。

正直なところ、本郷猛というか藤岡弘、の映画。
もうゴースト勢は完全に蛇足の領域。
藤岡弘、と共演してる ゴーストの西銘駿君とかスペクター山本涼介君が頑張ってはいるものの、スケールと貫禄の圧倒的違いが凄すぎてちょっと可哀想になったもんw
個人的に今回の映画は仮面ライダーの名をかりた、藤岡弘、先生による道徳の授業。
ちびっ子のみんなはこの映画を見て正しい心を持った大人になって頂きたい。

新しくなったパワードスーツみたいな1号はこれまでの技の1号を返上した、力の1号みたいな存在。
重戦車のような貫禄でどんな攻撃にもびくともせずパンチやキックの一撃一撃がまさに必殺で、食らったショッカー戦闘員が哀れに思うくらい。
いろんなアイテムや武器を駆使する最近のライダーと違って体一つで全てを片付けるライダーを久々にみた気がする。
この映画を見て本郷猛は不死身であること存分にわかったので今後もライダーとして活躍してくれることを期待したい。

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する