今年初の月刊熱量と文字数に行ってた

1/15日は仕事終了後にシャッツキステで開催された月刊熱量と文字数へ。
この日は蟲師の長濵博史監督の定点観測と言う事でアニメ業界に入ってからの長濱監督にまつわる人物の話で盛り上がる。
川尻善昭さん、宮武一貴さん、大地丙太郎さん、桜井弘明さん、吉田健一さん、などなどそうそうたる有名クリエイターの興味深い話がてんこ盛り。
個人的にメカデザイナーの宮武一貴さんの話が凄くて、宮武さんは描いた絵を見て、その絵を描いた人がどんな環境で育ってきたかを見極めるプロファイリングみたいな事ができたとか。
何かの資材を持ち運びしてる時に絵を見た時に、長濱さんに対して鉄が身近にあった環境で育ったでしょ?みたいな事を言って、絵に自然と重たい荷物を持つ時の様子が出てるのを感じたらしい。
実際に長濱さんのご実家は鉄工業を営んでいて、小さい頃から両親が働いてる姿を見てたものがそのまま絵で表現できてたとの事。
あと、勇者ライディーンのゴッドバードの変形デザインを考えたのも宮武さんで、変形を考えた所でライディーンを降板したためクレジットに宮武さんの名前は無いとの事。
宮武さん自身は「変形させる事でができたから、それだけで良いよ」とか。
大御所の化物じみた力量と器量はただただスゴイとしか思えなかった濃い話でした。

あと吉田健一さんとのミクロマンのおもちゃのミステリー走行の話も爆笑。
吉田さんも話を聞いてると豪快な人だw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する