FC2ブログ

『平成ライダーvs昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』 を見てきた。

恒例になりつつある全員集合お祭り映画気分でワイワイ見れればいいかなと思ってたら、最後まで見るとテーマに『死』または『死者』を扱っててストーリーがいままでの全員集合映画と比較すると結構重い感じがした。
これまで見てきた全員集合お祭り映画の中ではかなりストーリーに魅せられた作品だったかと。

当然ながら藤岡本郷の変身シーンは見応えあったし、爆発から飛び出してくるダブルサイクロン&ハリケーンに心震え、神敬介と乾巧の会話に涙し、昭和平成問わず全てのライダーに満遍なく見せ場があって満足度の高いライダー映画。
スーパー戦隊の登場は蛇足かな?とは思いつつも、トッキュウレッシャーとキョウリュウジャーレッシャーとデンライナーのコラボは良かったっす。
鎧武が昭和ライダーロックシードを使って1号アームズ装着すると胸に1号の顔がでかでかと付いてるのが何故か無性にカッコ良かったので、一番好きなロックシードかもしれないw

昭和びいきなのでどうしても神敬介の渋い役どころや、30年ぶりにゼクロスとして本人が活躍する村雨良とかに集中して見てたけど、平成勢の乾巧が今回主人公でもいいんじゃね?と思うぐらい大活躍。
終盤でたっくんとウィザードの晴人君がちょっとイイ感じでフラグ立ってたしw

昭和vs平成の決着で平成勝利バージョンの着地点としては妥当な感じだったかと。
おそらくBDには収録される昭和勝利のバージョンも見てみたいっすね。

ラストで鳴滝が「おのれ!ディケイド!」の後に続くセリフがとても印象深くて良かったので是非映画館で聞いて欲しい所。

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する