月刊『熱量と文字数』 テーマ「アイドルマスター」に行ってた時の事でも。

3月20日にシャッツキステで開催されてた月刊『熱量と文字数』に行ってた。
今回のテーマは劇場版アイドルマスターと言うことでメインで語るのはアイマスをこよなく愛するお笑い芸人の松崎克俊くん。

絶賛公開中の劇場版に至るまでのアイマスの軌跡と歴史、10年に間に起きた主な出来事や事件などをピックアップして分かりやすくスケッチブックにまとめ、それらを元に熱く語る松崎くんは誰キラキラと輝いてまさに輝きの向こう側に全身をつっこんでた感じだった。
そんな幸せそうな松崎くんを見守るサンキュータツオさんや長濱監督は「良かったねー」「幸せそうだねー」「バカじゃないの?」といつもツッコミ。
長濱監督がうっかり松崎くんの嫁である三浦あずささんの事を「ああ、あの人形(フィギュア)事だよね?」と口走ってしまい、松崎くんが半分怒りの形相で「人形?」と長濱監督をジッと睨むシーンもあり、熱量と文字数らしかぬあわや一触即発の事態に発展しかねないハプニングも。

劇場版について松崎くんは「ありがとう!」の一言に集約。
765プロの面々の行動や言動全てが「正解!」との事。
今回の劇場版の完成度が高すぎて錦織監督のつくるアイドルマスターはこれで終了しても良いと語る松崎くんは、実際に劇場版は1回しか見にいってないものの見るべきポイントや目の付けどころは他のアイマスファンを圧倒しており、博識なサンキュータツオさんも唸らせる発言もシバシバ。
「来場者特典の配布が終わって、客足が少なくなった頃に僕は映画館に行って貢献します」と締めたのが男らしかったw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する