我が青春のハリーハウゼン

特撮映画監督レイ・ハリーハウゼンさんが92歳でこの世を去った。
彼がストップモーションで作り上げた原子怪獣、金星竜イーマ、
シンドバッドのサイクロプスやカーリー像、
アルゴ探検隊のタロスや骸骨剣士などなど様々なクリーチャーは
幼少時の僕に多大すぎるほどの驚きと感動を与えてくれました。
円谷英二と並んで僕を特撮オタクに仕立てあげた張本人の一人です。

CG全盛期の昨今ストップモーションで動く怪獣を目にする事もなくなり、
昔ながらのオタクとしてはとても寂しく感じます。

願わくば天国で悠久の時間を使って一コマ一コマ、
ミニュチュアを動かしては撮影してて欲しいなぁ。

ご冥福を。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する