『機動戦士ガンダムユニコーン episode 6 宇宙と地球と』 を見てきた。

3月2日にガンダムユニコーン6話見に行ってました。
友人が事前に舞台挨拶回のチケットをゲットしてくれてたので、
出演者一同の面白トークを上映前に聞くことができた。
今回の舞台挨拶は以下の方々が登場。

バナージ役:内山昂輝さん
ミネバ役:藤村歩さん
リディ役:浪川大輔さん
アンジェロ役:柿原徹也さん
ストーリー:福井晴敏さん
監督:古橋一浩さん


昨年はユニコーンシリーズのブルーレイが一番売れたらしく、
浪川さんが感謝感激のコメントを言った矢先に、
福井さんが「今年はヱヴァンゲリオンが…」と
自嘲気味ぼやいてたのが一番面白かったw

来年春にはファイナルエピソードが公開予定と発表もあり、
現状でもアップアップの進行で本当に春に公開できるかは明言できないけど、
トンデモないものが仕上がるので期待して待っていて欲しいと、
福井さんからさっきとは打って変わって力強いお言葉が。

この年になると1年なんてあっという間なんで幾らでも待てますがなw
ep6_01.jpg

今回の6話は戦闘シーンが少ない分、艦内での会話劇がメイン。
個人的にはオットー艦長の熱さに燃えたw

ラスト付近のマリーダさんとジンネマンのやりとりは号泣必至。
ミネバ様もカワイイですが僕はやっぱりマリーダさんですな。
マリーダさんに頭ナデナデしてもらいたい…

で、実は今回初めてユニコーンのブルーレイを購入。
1話公開の時に劇場限定版ブルーレイが買えなかったので、
「あー、もういいや…」とやさぐれてブルーレイ購入してなかったのですが、
今回のマリーダさんがあまりにも素晴らしかったので思わず買ってしまった。
ep6_02.jpg
こうなったら1~5巻は、おいおい揃えていきます。

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する