『GOTHICMADE 花の詩女』 を見てきた。

終始、これでもかっ!というぐらい永野護ワールドを展開。
ファイブスター物語のファンの人には超オススメ映画。
というかファイブスター物語を知ってる人でないとより楽しめない映画w
ニッチなところではあるが、永野護の作るあの独特の世界観に触れて
心底シビレテしまったファンは絶対に見にいったほうが良いです。

映像としては古くさく昔ながらの技法で作り上げた
純然たる永野護ロボットアニメ。
だがそこがイイ!

主役メカであるカイゼリンが起動する時のカッコ良さ美しさは
見るもの全てに感動と驚きと涙を与える事でしょうw

永野さんのロボットはCGで作成すると魅力は半減してしまうと思います。
というかあの動きはCGでは再現できないかと。
動きかたがアニメというよりマンガみたいな印象なんですよね。
ファイブスター物語のモータヘッドの独特の戦闘シーンを感じを
そのままトレースしてアニメにした感じ?
上手く言えないけど手書きのロボットアニメの凄さを見(魅)せつけられた、
素晴らしい作品でした。

カイゼリンの起動からの一連の戦闘シーンを見せたいがために
永野護さんは7年以上も頑張ってたんだと思います。
個人的にカイゼリンの戦闘のシーンだけで
7年分の集大成が盛り込まれていたと思います。
GOTHICMADE.jpg

以下ネタバレ
ぶっちゃけファイブスター物語の前日譚に当たるストーリーかと。

主役のトリハロンはエンドルールで「サイレン・ザ・グレートフィルモア1」と書かれ
フィルモアを建国したフィルモア初代皇帝であり、
ベリンもアトールの巫女に関係のあるキャラのような気がします。
最後の最後でエストも出てきますしw(黒騎士は出てこないけど…)

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【『GOTHICMADE 花の詩】

終始、これでもかっ!というぐらい永野護ワールドを展開。ファイブスター物語のファンの人には超オススメ