fc2ブログ

『アントマン&ワスプ クアントマニア』見てきた。【ネタバレ】

2/18
TOHOシネマ新宿で『アントマン&ワスプ クアントマニア』をIMAX3Dで鑑賞。
いよいよMCUフェーズ5に突入し、サノス以来の超大型ヴィランである征服王カーンが登場。
マルチバースを自由に行き来できて、あらゆる平行世界のアベンジャーズを倒してきたというカーンさん。
初登場はドラマの『ロキ』でカーンの変異体として戦闘とか全くない状態で出演だったけど、今回は自らバチバチに戦闘もやるヤベー奴。
正直、アベンジャーズが束になっても敵わなそうなカーンに、アントマン&ワスプのコンビだけにどうにかなるの?と思ってたらスコット・ラングの娘ちゃんであるキャシー・ラングがスーツ来て参戦し、おじいちゃんのピム博士のアリさん達のおかげでどうにかなったw
どうにかなっただけでカーン自体の生死は不明ではあるけど、最後は「カーンは帰ってくる」の字幕付きで「サノスは帰ってくる」以来のヴィラン再登場発言。
案の定というか映画のミッドクレジットでも明らかになった、数多のカーンが存在するためフェーズ6の『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』に登場するカーンが今回のアントマンと戦ったカーンなのか、別のカーンなのか?
ここら辺はドラマの『ロキ』シーズン2にも大きく絡んできそう。
ポストクレジットではロキとメビウスがドラマ以外で映画でも登場し、これは予想してなかったビッグサプライズ。
『ロキ』シーズン2も2023年中にディズニプラスで配信なので、とても楽しみ。


で、唯一?と思ったのがビル・マーレイ扮する「クライラー卿」の存在。
ビル・マーレイが重要な役でアントマンに出演するというのは事前情報で知ってはいたけど、蓋をあけてみれば量子世界で初代ワスプであるジャネットと協力関係にあった権力者という立ち位置で、なんやかんやあって最後は巨大なタコ(イカ?)に吊るしあげられて生死不明のままで退場。
マーベルコミックでも出てはきてるらしいけど名前だけ借りたオリジナルキャラクターになってるっぽい。
賞味、10分登場あるかないかぐらいだったんで、もうちょっと「おおっ!」と思わせてくれるキャラだったら良かったのに、普通に出てきて過去を語るだけ語ってすぐに退場したオッサンというだけで、大御所ビル・マーレイ使うの勿体ねーと思ってしまった。
その分、元祖アントマンであるハンク・ピム博士のマイケル・ダグラスはマジでかっこよすぎる老紳士。
量子世界ではジョジョの奇妙な冒険3部のジョセフ・ジョースターのような出で立ちでイケおじというのはこういうことを言うのか!と感動。
願わくば自分もこんなカッコいいおじいちゃんになりたいものよ。

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画