『映画プリキュアドリームスターズ!』を見た。

3/18のジャスト0時から始まる最速上演で鑑賞。
今回の春プリキュア映画はオールスター制度を廃止して、直近の3代プリキュアが活躍する展開。
オールスターで無くなった分、プリキュア達の見せ場も強調されストーリー内容もより濃密にメッセージ性の強い作品になった印象。

今回の映画オリジナルキャラクターのサクラが中心となって、サクラの住む世界の救済を3代プリキュアに求めてプリキュア同士を繋げ合う重要なポジションでかつ今回の真の主人公だったのでは感じたり。
終始サクラのためのストーリー展開であって、いちか、みらい、はるかはサクラを支えつつ友達として戦ってた印象。
動かすプリキュアが減ったせいか、一人一人のプリキュア自体のアクション演出も凄いことになっていて、映像もフルCGといつもの2Dアニメが上手く融合してて和風テイストのキレイな画がとても良かったかと。
今まで見てきたプリキュア映画に中でも映像の美しさに関しては今回がダントツ。

ゲスト声優さんの南海キャンディーズの山ちゃんがラスボスの烏天狗を演じてたのだけど、前情報もなんにも入れずに映画見たので緩急のあるコミカルな演技が岩田光央さんに似てて、ずっと岩田さんが演じてるもんだ(ちょっと違うなとは思ってたけどねw)と思いこんだぐらい山ちゃんの演技は上手だった。

登場するプリキュア全員それぞれの可愛さは言うまでもないけど、個人的にプリンセスプリキュアに思い入れがある分きらら(トゥインクル)の超絶な可愛さと、はるか(フローラ)のヘッポコ可愛さにムフーと感じつつ「プリキュアっていいなぁー」と改めて思わされた至福の70分でした。

キモくないよ?

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画