FC2ブログ

『大江戸ロケット』23話「剣舞に花火をどうぞ」を見た。

ここに来てというか、ようやくと言うか、銀さんが主役の回でした。
正直、大江戸キャラ勢の中で一番目だってカッコよかったのは銀さんと鉄十でしょw
まさに影の主役

水島監督曰く、舞台の銀次郎は古田新太さんが演じてて、どう見てもカッコよくなかったので
せめてアニメはカッコ良くした。と、この前のにじいきの公開録音で喋ってました。
古田さんも確かに演技力もあってチョイデブでキャラ立ちはしてるのですが
舞台版『大江戸ロケット』の古田さん演ずる銀次郎のイメージをそのまま
アニメのほうにトレースしなかったのは正解だったかとw
アニメになって声も山寺さんになったし、申し訳ないが古田さんよりカッコよいです。

そんな銀さんのブラリ一人旅も、鉄十のあげた花火を見て終焉を向かえたのだろうか?
最終回も長屋メンバーのところには戻らず、遠くからロケット打ち上げを見守りそうな雰囲気
ではありますが、心情的には皆とロケットを打ち上げる側になって欲しいね。

いままで登場してきた中でも、今回がまともに大活躍した鉄十w
使う技が「海老車」って、また古いスポ根漫画からのオマージュですな。
ピアノに乗って足で「ねこ踏んじゃった」を演奏する時点でスポ根ではないかw

今週の声優ネタは源蔵君の某兄貴。
小西さんのベランメェ口調が聞けるのは『大江戸ロケット』だけ!(週刊少年ジャンプっぽくw)
この調子で、あちらの本編の最終回で兄貴の復活を望む

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック