FC2ブログ

『ブレードランナー』見てきた

9/8
TOHOシネマズ新宿で『ブレードランナー』を鑑賞。
IMAXで上映だったので、画質音質も今まで見てきたブレードランナーの中でも最高のものでした。
ブレードランナーの設定が2019年なので、このリアルな2019年に映画館でブレードランナーを見てたのは凄くメモリアルな体験。
名作は色褪せない。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

『プロメア』見てきた。

7/2
スパイダーマンFFH見た後に新宿バルト9で『プロメア』鑑賞。
これまでのトリガー作品のように、いつもと同じようなトリガー作品でした。
グレンラガンやキルラキルの新作見てるようで何か知らず知らずのうちに熱い元気が宿った感じ。
『プーと大人になった僕』の吹替版も見てたたので堺雅人さんも特に違和感なかったっすよ。
ハチャメチャに熱い炎の作品だったのでBlue-rayは欲しいかも?
パンフレットが完売で買えなかったのが残念…

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を見てきた

7/2
この日は夜から仕事だったんで昼間にTOHOシネマズ新宿で『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』をIMAX3D版で鑑賞。
思春期まっさかりの高校生の青春ムービーで、マーブル映画なのに見てて甘酸っぱい気持ちになったね。
失敗と挫折、どん底からの復活というヒーロー映画としてもド直球で面白かった!
ピーター・パーカーのトム・ホランドとMJのデンゼイヤの両名がすこぶる可愛く、永遠に高校生やってられそうな若々しさでしたw

【以下ネタバレ】

続きを読む »

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見た

5/31
仕事帰りに公開初日の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』をTOHOシネマズ新宿で見てきた!
まごうことなく怪獣王の降臨!
ゴジラ、モスラ、ラドン、ギドラがハリウッドパワーのおかげでとてつもない大怪獣バトルを繰り広げる圧倒的な怪獣映画でした。
すごすぎて最高オブ最高でしかない!
シン・ゴジラも素晴らしかったけど、生きてる間に超絶クオリティーなバトルもののゴジラ映画が見れたことを幸せに思う。
今作のマイケル・ドハティ監督が生粋のゴジラ狂信者なので、音楽も含めて過去作からのオマージュもたっぷり。
本当に良いゴジラ映画でした。
これで来年公開のゴジラvsコングの期待値も爆上がりしたぞ。

パンフレットは限定版を購入。
買えて良かった!

テーマ : ゴジラシリーズ - ジャンル : 映画

『アベンジャーズ エンドゲーム』見てきた。

4/27にユナイテッド・シネマとしまえんで『アベンジャーズ エンドゲーム』を鑑賞。

『アイアンマン』から直近の『キャプテン・マーベル』までのマーベル・シネマティック・ユニバース11年21作に渡る集大成としての今作なので、全作品が予習範囲なので全作品見たあとで今回のエンド・ゲームを見るととてつもない充足感と感動を得ること間違いなし。

3時間の上映時間はあっと言う間で次から次に繰り出されるサプライズによって頭の整理がおっつかないほど。
数々のサプライズと過去作品へのリンクが素晴らしく中盤からは色々と感極まってエンデイングまで泣きっぱなし。
本当に素晴らしい映画だったんでもっかい見に行く。
アベンジャーズ アッセンブル!(涙声)

テーマ : アベンジャーズ - ジャンル : 映画

『キャプテン・マーベル』見てきた。

3/16
ユナイテッドシネマとしまえんで『キャプテン・マーベル』を鑑賞。
MCUシリーズで年代的には最初期のスーパーヒーローにして、最強のヒロイン系美女。
キャロル・ダンヴァース役のブリー・ラーソンが美人さんでまさにステゴロで戦う美女そのもの。
どこかで見たことあるなぁーと思ってたら2017年の『キングコング髑髏島の巨神』にも出演してた。

とにかくキャロル・ダンヴァースことキャプテン・マーベルが強い!マジで強い!しかも日本語吹き替え版は水樹奈々!
歌もうまそうだ!w
ストーリーもどんでん返しで「スクラルの人達ええ人等やん!」とビックリで、キャロルがクリー人の元上司をボコボコにして残ったスクラル人と一緒に宇宙に旅立ったところで終了。
宇宙に旅立つ前にキャロルがニック・フューリーに渡したのが銀河の果まで届くポケベルw
『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の最後の指パッチンした時にニック・フューリーが使った装置がこのポケベルで、もうこの時から『アベンジャーズ エンドゲーム』にキャプテン・マーベル参戦が確定してた訳ですな。

来月公開のエンドゲームが楽しみ!

テーマ : ☆アメコミ映画☆ - ジャンル : 映画

『映画プリキュアミラクルユニバース』を見てきた。

3/16
毎度のように大泉学園で夜0時からの最速上映で『映画プリキュアミラクルユニバース』を鑑賞。
直近のトゥインクル、Hugっと、キラキラの3作品メンバーだけ参戦の作品にみせかけたプリキュアオールスターズでしたw
神出鬼没な神秘アイテムなミラクルライトが実は宇宙の片隅の工場で大量生産されていたたという、プリキュアらしかぬ夢も希望もへったくれもない設定ですがプリキュアがキラやばしてれば無問題。
火山の星で気温がメチャ高い環境下、体内に冷却機能を備えるルールーに、ゆかりさんとあきらさんのキラキライケメン高校生組が寄り添うのがエモかったです。

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『アリータ バトル・エンジェル』を見てきた。

仕事帰りにTOHOシネマズ新宿で『アリータ バトル・エンジェル』を鑑賞。
『銃夢』がようやく実写で映画化となり、ジェームズ・キャメロンが映画化権利獲得してからかなり時間が経過したけどあきらめずに完成させきったロバート・ロドリゲス監督に感謝感謝。
アリータとは名前は違えどスクリーンで暴れまわる少女は間違いなくコミックで読んだガリィそのもので、ストーリーも原作のテイストを崩すことなく更に実写でド迫力のモーターボールも再現され見応えタップリな内容に超満足。
唯一惜しいのはノヴァ教授がプリン食べるシーンがなかったことw
まぁ、続編作られるならいよいよノヴァ教授の出番も増えるハズなのでプリンが出るかどうかは続編に期待。

以下はユナイテッドシネマとしまえんで展示されてた1/1アリータとダマスカスブレード。
アリータの顔つきはちょいと気持ち悪いw
映画の中ではあんなにも可愛くかっこよかったのにw



テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

『コードギアス 復活のルルーシュ』を見に行ってた。

タイトル通りのルルーシュの話ではあったけど、話の本筋の主人公はC.C.だったかなーと。
あんな献身的なC.C.見せられたら自ずと感情移入してしまうってもんですよ。
あと、カレンのおっぱい。
なんでシャーリー生きてんの!?って、総集編劇場版で改変されて死んでなかったのね。
総集編3部作みてねーわーw

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『アクアマン』 見てきた

2/17に『アクアマン』鑑賞。
公開から9日目なのに既にキャパの小さい劇場でしかやってなくて、いまのうちに見に行っておかねば終わりそうな状態だったけど本編はDCコミックの映画の中ではワンダーウーマンとタメはるぐらいに面白かった!
正直ジャスティス・リーグに登場した時もワンダーウーマンの活躍しかおいかけて無かったので、今回のアクアマン単品の映画としてはあまり期待してなかったけど、酒とオッパイとオッサンと怪獣がてんこ盛りで男の子の好きが全部つまったヒーロー映画でした。
主役のアーサー役のジェイソン・モモアがどっから見ても海の男なイケメンマッチョが見事にはまっていて、メラ女王役のアンバー・ハードは可愛いしピッチリボディースーツを着ると胸元強調でセクシー担当。そしてアーサーのお母ちゃんであるアトランナ女王役のニコール・キッドマンが50歳を迎えても変わらず美しくナイスバディで、自分がシャアであれば「ニコール・キッドマンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」とキ○ガイじみて言ってたハズ。
あとヴィランであるブラックマンタのスーツが最高にダサい!w(褒め言葉)
アトランティスの高度な科学技術の利用して超高性能スーツなのに外見が超絶ダサカッコ悪いけど、目からビームはカッコイイので必見。

今回のアクアマンはジャスティス・リーグの後の話らしいけど、特にジャスティス・リーグの事は何も匂わせてなかったし、単品映画として続編が作られそうな感じはしたけど、DCコミックはクリストファー・ノーランのバットマンシリーズ以外の続編モノとかシリーズものの展開を上手くやってくれると良いのになぁと思う今日このごろ。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES』を見に行ってた。

2/17日にTOHOシネマズ新宿まで『劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES』見に行ってました。
映画の冒頭から「ANGEL NIGHT~天使のいる場所~」が流れてTOHOシネマズ新宿近辺でドンパチあってで、さっそく見てる映画館が聖地になっててここで見て良かったとナイスポイントアップ。


まぁ時代が変わってもやってることは奇をてらう事なくまんま昔のシティーハンターなので安心して見れる娯楽大作。
もうシティーハンターっていうジャンルでいいんじゃないかな?
神谷明さんと伊倉一恵さんが元気だったらいつまでも冴羽獠と槇村香としてやれそうな感じだったのでまた時代がシティーハンターを必要とした時に復活してくれればいいかなぁと思ったり。
もちろん超絶面白かったですよ。

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『Fate/stay night[Heaven's Feel]』II.lost butterfly」 を見てきた。

1/14にTOHOシネマズ新宿でFate HF第2章を鑑賞。
前日にチケットは予約してたのが正解で劇場行ってみたら空き席なく満員御礼。
客層も純粋にFateをずっと追っかけてきた年配層よりもFGOから入ってFateを見るような若年層が多かった印象。

アニメーションの出来としては現時点で最高峰の映像美かと。
単純に背景の美しさやキャラクターの演技、戦闘シーンの凄まじさに見入ってました。
ストーリーに関しては欲を言うとFate→UBWを経てからのHeaven's Feelを見たほうが一番無難で、いきなりHeaven's Feelから見るのはストーリー経緯やキャラ相関など色々となんじゃこりゃ?と思う部分も多々あると思うので時間に余裕があるなら前作の1章も含めて予習するのが得策とは思うものの、ストーリーそっちのけで映像だけを見に行く価値は十二分にあると思うので音響設備の良い映画感で見ることを強くオススメ。

HFの内容自体もPC版でクリアして以来なんの復習もせず結構忘れている部分もあったので、ゲームやってた頃の記憶を呼び戻しながらおさらいみたいな感じで見てました。
正直、HFが桜の刻印虫がらみもあってストレートにエロい描写が必須なところを劇場版ではあえてぼかすことなくやりきったことに拍手を送りたい。「そうだ、Fateってエロゲーだったんだ!」とン年ぶりに思った。
映画で個人的に一番の見どころは桜のエロいシーンではなく、ヘラクレスとセイバー・オルタのタイマンバトルシーン。
掛け値なしに凄まじい描写の戦闘シーンが、ヘラクレスの宝具「十二の試練」が尽きるまで延々と続き、ufotableの作画担当のHPもゼロよ!と言いたくなるようなとてつもない作画。
Fateに限らずこれまで見てきた人間の体でボコスカやる殴り合いのシーンとしても現時点では最高峰と思ってます。
FGOでセイバー・オルタのエクスカリバー・モルガンを受け止めきったマシュすげぇなぁと思うものの、本家Fateではクラス相性やらレアリティの強さだとか一切関係ないので映画見るときはFGOから入ったファンの方々は、FGOのことは一旦忘れて見て欲しいっすね。

早くも来年春公開の第3章が待ち遠しい。

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 Blue-ray購入。

中古だけど、キャプテン・アメリカ1作目ザ・ファースト・アベンジャーの3D版Blue-rayを購入。
なかなか中古でもお目にかかれないので見かけた瞬間にレジに持っていってた。
アベンジャーズのメンバーの中ではキャップが一番のお気に入り。
まさに正義そのものみたいな存在がまぶしくてカッコいい。
軍に入りたての時に(超人血清投与前)テストで手榴弾を腹にかかえこんで皆を守ろうとするシーンとか、まだキャプテン・アメリカになってもいないのにカッコ良くて涙でる名シーン。
日本語吹替の中村悠一さんの声もカッコいいので、本来は字幕派なんだけどキャプテン・アメリカが登場するマーベルシリーズは吹替版も必ず見るようになった。
一過性の人気で俳優さんや芸人さんが吹替をやるのではなくて、上手い実力のある声優さんが吹替やるのも重要というか大事。

テーマ : Blu-ray Disc - ジャンル : 映画

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』見てきた。

12/24のクリスマスの日に一人で仮面ライダーの映画を見にきた。

仮面ライダーが虚構として普通に毎週仮面ライダーをテレビ番組としている男子高校生が、電王に出てきてたイマジンに取り憑かれて「仮面ライダーに会いたい」という願いが具現化してジオウやビルドと遭遇し事件に巻き込まれていくってな展開。
平成20周年にふさわしく、平成シリーズ1作目のクウガの存在も重要な位置づけで(残念ながらオダギリジョーの出番なし)過去に飛んで九郎ヶ岳の遺跡が登場したり、初っ端からアナザーデンライナー、アナザー電王が登場し、特別ゲストとして野上良太郎役の佐藤健が出演とか電王にもかなりクローズアップ。モモタロスが良太郎に行ったセリフが感極まってギャン泣きしたイヴの夜でした。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

『機動戦士ガンダムNT』見に行ってた。

12/9に新宿ピカデリーで『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』を鑑賞。

ユニコーンガンダムの正統続編でニュータイプのキャラクターが主軸の物語。
ニュータイプやサイコフレームが前面に出てくると、モビルスーツから何か得体の知れぬ質量をもったような光がシュバーって出てわかが分からぬ内にモビルスーツを破壊したり機能を停止させたりして、シュッと片付いてしまうのがガンダムらしい。
やっぱガンダムって自分の中では宇宙を舞台にして、メカうんぬんよりも人間の人智をこえたキャラクターによるファンタジー物なんですよね。
スター・ウォーズのフォースしかり、ガンダムのニュータイプしかり。

とは言うものの今回の見どころはやっぱ戦闘シーン。
ナラティブガンダムのA装備が簡易版デンドロビウムみたいでメチャかっこ良かった。

今回てっきり続編ありきの1本目かと思ってたら、キッチリ完結して後腐れのないストーリー。
90分の中にパンパンにガンダムガンダムしてるのでユニコーンガンダムが好きな人には見てもらいたい作品というか、好きな人はもう見に行ってるでしょう。
あと、福井晴敏さんZZ好きすぎでしょw

テーマ : 劇場版 ガンダムシリーズ - ジャンル : 映画