「二次元妻帯者の夜 第六夜〜甘々と二次妻」に行ってた。

日曜日の真っ昼間に美味しいお酒と美味しい料理をいただきながら、ちょっと気のふれたオタク芸人達の二次元嫁について語るトークライブを聞く。
こんな間違ったような素晴らしい日曜日を過ごせたオタクの神様に感謝を。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

ワンフェス2017冬に行ってた。

寒い時期恒例の祭典ワンフェスに今回も出陣。

今回はどうしても物販で欲しいのがあったんで、ダメもとでダイレクトパス抽選応募したら運良く当選したので当日は朝イチからではなくプチ重役出勤で幕張へGO。
ガイドブック(2500円)とは別にダイレクトパス代(3000円)が余分にかかるので入場するだけで5000円オーバーだけれども、始発に乗らなくていい、開場15分前には入場できる、入ってすぐにガラガラのトイレを利用できるw、ほぼ確実に目当ての物販が購入できると個人的に至れり尽くせりだったので次回からも物販目当てでなくとも利用したいなぁと思ったり。

で、今回欲しかったのはグッドスマイルカンパニーの「ねんどろいど ぐだ子」とMAX Factoryの「figma セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[リリィ] 第三再臨ver.」。どちらも後日ネット通販で購入可能な代物なんだけど、どうしてもこの日に欲しかったんですー!

あとは買おうかどうかチェックしてて、ブースに行って残ってたら買おうと思ってたベルファインの「ぐだぐだフィギュアストラップ ぐだぐだVer.」が、メチャクチャ大量にあったのでこれも御縁と3体セットで購入w

自分が買った商品を見てもらえれば分かるように、今回のマイテーマはFateGOな訳で写真も一番注力して撮影。
とにかく企業もディーラーブースもFGOをメインで撮影していくことを前提に、あとはアイマス、ガルパン、その他ぐらいで優先度を決めて撮影。
前回までのように、節操なく取りまくってたたら時間経過とデジカメのバッテリーが尽きるのが早いので(Canon EOS M3はバッテリー消費が激しい)、スッパリと自分が撮影したいものだけに割り切って行動してたら、かなり行動が楽チンになりました。
そりゃそうだ。
自分ももう若くないから全方位でカバーはムリだw

印象として、一番目に付いたのはRe:ゼロのレムのフィギュアがメチャクチャ多かった事かな?

前回の夏ワンフェスで撮影してた画像は見事にPCにコピーするのを昨日まで忘れてたので、今回は前回と夏と今回の冬両方ともPCにコピー済み。
おいおい紹介していきたい所存。
UPするまでに時間かかると思うけどw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

ゴ魔乙コラボカフェ&スペシャルトークイベントに行ってた

自宅から歩いて10分ぐらいの所にある阿佐ヶ谷アニメストリートのSHIROBACOで開催中の『ゴシックは魔法乙女』のコラボ、「ごまおつカフェ@SHIROBACO」&「瀬戸奈保子、水野なみ ごまおつカフェ ラナン&ロザリースペシャルトークイベント」に行っておりました。
何気に応募してみたらサクッとチケット取れて気軽に行ってみたら、まぁ大盛況でびびった。
これまでシューティングゲームのCMというかコラボと言えばゲーム大会の開催がメインだったと思うけど、カフェとコラボしたシューティングって初めてなんじゃなかろうか?

コラボメニューもそれぞれゴ魔乙キャラをイメージしたメニューが用意されて、それぞれが個性的で甘々スゥイートw
今回はスフレのチョコミントドリンクと(写真はボケててすまぬw)

ラナンのショートケーキを目指したはずだったデザートプレートを美味しくいただきました。
(ちょううど店内が暗かった時に撮影…)

イベント内でお客さんと一緒に瀬戸さん、水野さんがそれぞれゲームプレイするコーナーがあってスクリーンで実際のプレイを見ることができたのだけれども、お二人とも上手くてギャーギャー叫びながらもdeath級をあっさりクリアしてたので、にわかプレイヤーの自分よりも遥かに上手かった。
中の人達は声の演技だけじゃなくてシューティングゲームも達者だったw

ケイブのシューティングゲームは『エスプレイド』の頃から好きなので、『ゴシックは魔法乙女』で一般層を巻き込んでシューティングゲームが活性化してきた感じがして嬉しく思う限り。(ソシャゲでかつテレビCMやってるのも影響デカイか?)
グッズでゴ魔乙のサントラ欲しかったけど完売してて残念。
コミケの企業ブースではサントラ単品売りがなかったので今回買えたらいいなぁと考えたけど、そうは上手くいかなかった。
再販マジでよろしくお願いしたい!

家から近所なので期間内は仕事帰りにコラボメニューをちょこちょこと食べにこようと思ってる。
目指せコースター制覇w

テーマ : ゴシックは魔法乙女 - ジャンル : ゲーム

『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-』 に行ってた。

1/28、29の2日間は東京体育館でやってた765プロミーティングをライブビューイングで見に行ってた。
1日目は会場の雰囲気だけでも味わいたかったので東京体育館まで行ってブラブラした後に大泉のTジョイまで移動w
自分はアイマスライブはデレマス2ndから参加してる新参者なので765プロだけのイベントは今回が初参加。
10thは765、デレ、ミリの合同だったので本当に765だけのイベントについていけるのだろうか?最古参Pの方々に混じってちゃんとコールやサイリウム振れるのか?とか参加する直前までは軽くネガティブだったのですが、いざ始まってみれば凄くアットホームで笑いあり笑いあり笑いあり笑いあり歌あり涙あり涙あり涙ありと、凄く楽しく笑って泣いたイベントだった。
7th以来に765プロメンバー全員揃った事を涙まじりで喜びあい、久々に参加の若林神、にごちゃん、アッキーにお帰りなさいと暖かく迎えている光景を見て、改めて765プロメンバー13人が揃う最高の瞬間に立ち会えたんだなぁ、とシミジミ。

朗読劇やトークではアドリブの応酬で演者同士で「殴り合い」と言い合うほど体と魂をかけたパフォーマンスに「これが本当の765プロメンバーの姿か!」と脱帽。そしてライブでは可愛く美しくカッコイイ所もビシッと魅せてくれて本当にもうありがとうございます。

今回はライブではアマテラスが好きすぎて予習してた段階から毎日ヘビーローテション。
いざ本番でイントロ聞いた瞬間から涙して必死でサイリウム振ってた。
コールで合法的に「大好きだよ」と絶叫できる良曲w

1日目に三瓶由布子さん、2日目に茅原実里さんとシークレットゲストも思わぬ所から豪華なのが来て良かった。
涼ちんのDazzling Worldはかろうじてちょろっと知ってたけど、玲音のアルティメットアイズは知らない子でした。スマヌ…

最後の挨拶で765プロメンバーは涙まじりで挨拶してる中、トリで赤羽根Pが必死で貰い泣きをこらえて「女は強いって歌詞にもあるけど男だって強がりたい時があるんですよ!」と最後まで涙を見せなかったのが一番カッコよかった。マジカッコよかった。

で、実は2日目は開演時間を1時間勘違いしてて30分遅れでライブビューイング会場に着。
初っ端の「団結」を聞けなかったのが自業自得とはいえ無念すぎる…

今回は前日物販で友人がパンフと限定CDを購入してくれてたので安心コースでした。
アマテラスのあずささんソロを延々聞いてる。ホント好きです。はい。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

某アイドルプロデュースゲームのファンが集まる居酒屋7(非公式)に行ってた

11/11は夜から翌日朝にかけて新宿ロフトプラスワンで開催された非公式なイベントに参加。
このイベントに参加すると地下で見聞きした内容は地上に出る時にはスッパリ記憶から消去されているという、それって何てメン・イン・ブラック?

覚えているのは何か変なモジャモジャ頭の人が謝罪してたことのみで、何か毎回見てるようなデジャブ感を覚えつつロフトプラスワンを立ち去るのでありました。


あくまでこのイベントは非公式ですよ非公式!
非公式に公式がパイルダーオンしてませんからね!

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

TGS2016に行ってた時の事でも

9/18(日)の一般デー最終日に東京ゲームショウ行ってた。

この日はバンナムブースのアイマスステージをどうしても生で見たかったので、整理券確保するため早朝から頑張る。


一般待機列に並んだ時点で列先頭が目視できるぐらいだったので、無事に開場時にアイマスステージ整理券ゲット。
これでこの日の目的はほとんど達成したので残りはイベント始まるまで休憩時間w
9時30分に先行で入れるサポーターズチケット枠で、バイオハザード7の試遊整理券が瞬殺だったので、やっぱバイオは劣らず人気あるなと再認識。バイオはアンブレラコードまでやっててそれ以降はやってないのよ。

尚、バンナムブースのイベントはニコ生などで配信してるのでムリに現地で見なくてもネット配信で視聴可能。
自分は生で見たかったんじゃい。


整理券ゲット後はまず腹減ってたんで、そうそうにフードコートに行って食事。
今回からフードコートの場所が変わって観客席に座りながらゆったり食事が可能。

おまけに東京ゲームショウ公式ブースがあって青木瑠璃子さんの生放送実況を見ながら食事できるとか極楽か。

で、この日食べたのは1000円の豚丼。美味かった。
そしてこのまま観客席で1時間以上の仮眠。
眠たかったんだもんw


お昼すぎぐらいからブラブラと出展ブース巡り。
一番集客してたのはスクエニとソニーブースだったなぁ、と。
特にソニーはPSVR効果でスゲェ人だった。

カプコン、セガ、コーエーブースは何となくイマイチ…
特にカプコンはメインキラーコンテンツがモンスターハンターストーリーズで試遊もけっこう30分ぐらい並べばできそうな感じでブース自体にあまりお客さんがいなかったような…




コナミブースは全く見るものなかったんだけど、たまたま通りかかった時にみかけたコンパニオンのお姉さんがメチャ可愛かったので思わず写真だけ撮らさせてもらった。
この画像をTwitterにUPしたらご本人さん立ちからファボされて、左が百瀬美琴さん、右がみやびさんと判明。
美人すなぁ…


で、アイマスステージは改めてミンゴスのガチゲーム好きに感動というか爆笑。
PSVRで ビューイングレボリューションを体験した後のミンゴスの放心っぷりがPSVRの凄さを体現してたなと。
はっしー、ふーりん、めしやの御三方もデレステをやり込んでるのが素晴らしいね。
PS4のアイマスPSもゲームプレイしてるところ見てたらメッチャやりたくなったけど、現状ソフトは持ってるけど本体は無し。
11月発売のPS4Proを予約したのでアイマスPSプレイするのは11月以降で。
PSVRはもう来年でイイヤ…

今回のゲームショウはPS4とPSVRが一番目立ってて、ソシャゲ全盛の昨今で据え置き機のゲームが凄く頑張ってる印象のゲームショウでした。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

アニサマ2016 3日目行ってた

友人がチケットあるとの事なので便乗して今年もアニサマGO。
参加アーティストの予習らしい予習はホント何もしてなくて、ニコ動で予習動画をチラ見したぐらい。
当初の目的としては筋肉少女帯と、ソロデビューする沼倉愛美(ぬーさん)と、最近のアニソンの中ではお気に入りのジョジョ4部OPを歌うTHE DUだけ見れればいいかな?程度で挑んだだけど、実際に生のライブを間の当たりにすると何だかんだと最後まで楽しんでしまったw
特に今回個人的に初見でグッときたのが小野賢章さん(いまさらw)と西沢幸奏さん。
西沢幸奏さんは去年に艦これEDでデビューしたて直後でアニサマシークレットゲストで出演した時と比べると見違える程パワフルな歌唱力を披露。
1年で人はこうも変わるもんですなー。
この日のシークレットゲストは鮎川麻弥さんで「Z・刻をこえて」を熱唱。
今回のアニサマのテーマが「刻」なだけにピッタリな人選&選曲だったかと。

今年も熱い夏だった…

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

C90夏コミ2日目行ってた。

夏コミ2日目も現地に10時到着のまったり進行。
東はグラブルと艦これ、西は東方といったゲーム三つ巴の印象。アニメでいえばガルパンが多い感じ。
この日はジャスト1万円ポッキリ使って終了。
暑かった…

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

C90夏コミ1日目行ってた。

晴れ渡る夏の青空の下、ビッグサイトでは恒例のコミケ開催。
1日目は特に欲しいサークルさんは友人にまかせて、自分はのんびりと10時に現地着ぐらいのまったり進行。
10時15分に着いて10時45分ぐらいに館内に入れた感じ。
まぁ、この日の最大の目玉サークルはTMレボリューションな訳で、冷やかしでサークルスペース近辺覗きに行ったら、企業ブース並の行列が出来ててソッと立ち去るなど。
西川兄貴は目視できず。

この日は7サークル分の新刊をゲットし(うち1サークルは友人に依頼)、時間もかなり余裕ができたので久々に企業ブースへ。

『CAVE』ブースに立ち寄り、密かに遊んでる「ゴシックは魔法乙女」のCDを購入するなど。
『CAVE』ブースも開幕当初は凄い列があったらしいけど、人気セット商品が相次いで完売し自分が辿り着いた時には待機列0でサクッと目当てのCD買えました。

調子に乗って『TYPE-MOON』に並ぼうとしたら、既にその日に一般列待機は締め切られてたw

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

ワンフェス2016夏に行ってた。

今回のワンフェスは幕張に直前ぐらいでガイドブックを家に忘れたことに気づいて現地で再購入するハメになりテンショングダグダなまま開始。
デジカメも新しく購入したEOS M3で経験をつむべく結構頑張って撮影してたらバッテリー消費が激しく、1本予備でもっていったバッテリーも16時30分すぎには虫の息。バッテリー2本使って撮影した枚数は550枚ぐらい。
次回のワンフェスにはもう1本予備バッテリー追加で。
撮影した画像も企業ブースのほうは照明も多くてあまり気にはなってなかったけど、ディーラーブースの展示は全体的に暗いのでカメラの設定でオートにしてたISO感度が知らぬ間に6400とか12800になってて、PCに取り込んで画像見たら全体的にノイズの多い残念画像に。
デジカメの画像再生で見た時は結構綺麗に撮れてるじゃん!とか思ってたけどねぇ…
もっと設定面を見なおして次回に挑もうかと。

企業ブースで毎回巨大な規模を誇るグッスマ&MAXファクトリー合同ブースは、今回から展示の仕方を変えて、フィギュアを細かく小規模にまとめて展示してかつその展示ブースごとに撮影用列を形成してたので、ほとんど混雑が無くかなり移動しやすい状態だったかと。前回までのようにデッカイ展示ブースの中に何十体もの新作フィギュアを展示して撮影する列も雑多になってた事と比べるとかなりマシになってたのでは?
その分、展示数が減ったような気もしたけど、今回ぐらいの規模がちょうど良かったかと。

一般ディーラーさんの新作で多そうに思ったのはやはり艦これとグラブル。
版権許可が降りないのか最近のアニメ関連の新作少なかったような。

また、小出しで撮影した画像をアップしていきます。
ただ、ノイズ多い画像はupしない方向で…

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

同人誌トークライブ「4日目vol.19~ろふけっと8」に行ってた。

三平×2さん、ひがもえるさんの2人よる同人誌トークライブ「4日目」は初の阿佐ヶ谷ロフトで開催。
家から近いんで新宿ロフトよりも個人的に嬉しい限り。

今回のネタ的にはひがさんネタの「三平×2オンリーイベント 白ひげ危機一髪」が最高に面白かった!
これまでの、ひがさんが企画したネタの中でも最高に綺麗にまとまってかつ、これまでのグダグダなネタを帳消しにするぐらいに完成度の高い仕上がり。
このネタのために三平さんオンリーイベント用のカタログ(同人誌)まで作成してしまう作り込みよう。
カタログ完成のために、恐らく三平さんひがさんが知りうる限りの絵師さん達の協力があってこそ成し得た企画で、利用できるものは貪欲に利用するひがさんの執念も垣間見えた。
今回はマジでひがさん見なおしたw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

マッドマックス+木根さん=マッド木根

立川シネマシティで『マッド・マックス 怒りのデスロード』と、今個人的にイチオシ漫画の『木根さん1人でキネマ』がまさかのコラボ。
木根さんの1人でキネマのマッドマックス回で極上爆音上映としれっと1文書いてあったのを立川シネマシティの中の人が見つけて今回のコラボに至ったとのこと。

まずはマッドマックスの上映をやって、その後に木根さん作者のアサイ先生のトークショー。
マッドマックスを映画で見るのは3回目で爆音で見るのは今回が初めて。
ガルパン劇場版で爆音は体験済みだったけど、マッドマックスも相当凄かった。
トークショーも木根さんを書くにあたっての経緯とか、アサイ先生の映画の好みとか、午後ローを放送してないアサイ先生の住んでいる愛知県をディスったりとか、ビリギャルについてとか色々とキワドイトークも盛り沢山な内容でした。


コミック最新刊もアサイ先生サインつきを入手。
トークの最後はイモータン・ジョー如くファンの皆様と木根さんをV8で讃えて終了。
木根さんも十分にマッドだけど、マッドマックスの中ではフュリオサではなく、スピード(映画)に狂いヘマしたら激しく落ち込むニュークスに近い印象かなぁ、と。

シネマシティさんは、またこんな異色コラボやって欲しいっすね。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

『東京おもちゃショー2016』に行ってた。

今年も東京おもちゃショーにブラリと行っておりました。
事前情報とか何も持たずに行ったのでTAKARAブースで展示されてた『タイムボカン24』は全く知らなかったのでオドロキ。
タツノコとレベルファイブが組んでの展開とのことでキャラクターはかなり幼い感じになってるけど、ヒロインの子と悪玉トリオのマージョ様ポジションのお姉さんがカワイイ感じなんで期待しよう。
メカブトンも変形してロボットになるあたりがオモチャ向けで良いですな。

今回個人的にお気に入りはカプコンブースであったモリガンのフィギュアです!(オモチャじゃねーw)
a20160625 (02)

もろもろ撮影してきた写真は続きから

続きを読む »

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

『二次元妻帯者の夜 ミーツ オタカル』に行ってた。

今回の二次元妻帯者イベントは初の阿佐ヶ谷アニメストリートで開催。
いつもの狂ったメンバーは以下のお三方。
・三平×2さん(嫁:「『らき☆すた』柊つかさ)
・松崎克俊さん(嫁1:『THE IDOLM@STER』三浦あずさ、嫁2:『スクールランブル』沢近愛理、嫁3『つよきす』椰子なごみ)
・どいちゅーさん(嫁:『Fate/stay night』セイバー)

今回は途中からサンスポのWEBサイトでオタク媒体の記事をメインで掲載しているコーナー『ヲタカル』の編集長である西森晃さんが登場してお三方にインタビュー形式で二次元嫁にまつわるトークを展開。
西森さんの風貌や言動が、まるで我々の代弁者とも思うような生粋のオタク仕様で初めて公共の場で「デュフフ」と笑う人を見たかもw
正直、インタビューよりも西森さんの発する言葉の全てが鞘  から抜き放った真剣で色んな意味で緊張感溢れる空間を作り出していたのがスゴイw
編集長の肩書がなくても「これ、ちょっとアカンオタクや…」と全身でビリビリ感じられる御仁でした。

今回、一番スゲェと思ったのはどいちゅーさんのファンの人が作った同人誌が紹介されて、どいちゅーさんとその嫁である青セイバーと、どいちゅーさんがちょっと浮気しかけた『のんのんびより』の小毬ちゃんを絡ませた、ほのぼのとした内容とクオリティーが半端無く高くて普通に欲しい逸品。
どいちゅーさん曰く、自身のファンの9割がクレイジーと言ってたのがうなずけた。
1冊マジで欲しい…

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

久々に熱文字も行ってた

久々にシャッツキステで月一開催の「熱量と文字数」に行った。
今回のテーマは『とんかつDJアゲ太郎』と監督の大地丙太郎さんのお話だったのだが、前座である長濱監督の「今日のおもちゃコーナー」で紹介されたパニッシャーバンと、松崎克俊さんの「今日のアイマス」で語られたアイモバオフ会にゲストで呼ばれた話がメチャクチャ面白かった。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック