このブログをご覧になる皆様へ

のほほんとアニメやゲームやおもちゃやちょっぴりエロイ事を
その日の気分でのらりくらりと書いて行ってます。

地味に毎日更新してますので
毎日見に来てくれている奇特な方々、
何気に辿りついて地雷を踏んだ方々、
「うわっ、こいつキモっ!」と生温かい目で見守ってやって下さい。

何卒よろしくお願い申し上げます。

なんか、ずっと書いてなかったのですがリンクフリーですよー。
こんなクズなブログとリンクしたところで後悔するだけだがな!

【お知らせ(2010/10/11)】
2005~2007年に書いた日記にUPした画像を
キャプ画像を中心にある程度ゴッソリ削除しました。
イベントに行って撮ってきた画像や気にいったフィギュア画像、
他のニュース系サイトなので取り上げられた日記の画像などは残してます。
見返す人なんぞいないとは思いますが画像ありきで書いてる日記は
かなり訳わからん状態になってると思うのでご了承ください。


ちなみに当管理人は絵は全く描けません。
今回もTOP絵はプロ絵師のha-ruさんが描いてくれました。
ha-ruさんのホームページ『Medical Berry』もヨロシクお願いいたします。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

七夕にマンガ肉

7/7に友人メンバーと平塚にある「レストラン海賊」に行く。
おりしも平塚では七夕祭りが開催されてかなりの人混みでしたが、そんな喧騒には全く近づかずそそくさとレストランにGO。

ゲームセンターCXのPC原人回を見た時から気になってた「伝説のマンモスステーキ」というメニューがあり、これが見ためがまんまマンガやアニメででてくる「マンガ肉」そのもの。

ぶっとい骨に肉厚ハンバーグを巻いて調理してるので、オーダーしてから出てくるまでに時間はかかったけど、見た目も味もボリュームたっぷりな美味しさでした。
これのために平塚まで来た甲斐があった!

他にもスペアリブやパスタ、ピッツァなど美味しそうで気になるメニューは一通りオーダー。
とても満足。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

1/1コトブキヤのプラモデル

新宿の地下で展開中の『BORDER BREAK』1/1プラモデル プロジェクトを見てきた。
『BORDER BREAK』っていう今でもゲーセンで可動中のロボットゲームがPS4で発売になり、キャンペーンの一環で今回の1/1プラモデルを発表。
プラモデル制作はコトブキヤさん。
これまで制作してきたプラモデルのサイズとしては最大らしい。当たり前かw
実際に見るとトンデモない大きさで、展示期間中に実際にランナーからパーツを切り離すパフェーマンスがあるとか。
ドラえもんとかこち亀で1/1プラモデルを組み立てる話あったけど、ようやく時代が追いついてきた感じがするね。
ちなみに『BORDER BREAK』は8/2からPS4でプレイ可動で、いま流行りの基本プレイ料金無料のアイテム課金制。
興味は前からあったけどアーケードでもやってなかったので、ダウンロードはしておこうかと思います。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

タ土産

静岡ホビーショーでタミヤに行ってた時に職場用にとおもって買ってきた土産のタミヤクッキー。
シンプルなTシャツの形にタミヤロゴを入れた普通のクッキーなんだけど何故か見た目が凄くキレイに感じて食べるのをためらってしまう。みなもそう思っているのかはたまた不味いと思ってるのか減りが遅いw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

帰省

骨折して1人だと色々メンドイので実家療養兼マチアソビするために飛行機乗って徳島に帰省。

最近は徳島の町を見下ろす某悪魔マンを見ると「あー、徳島に帰ってきたなぁー」と思うようになりました。

とりあえずこの日は実家に即帰ってゴロゴロ。

骨折した。

自転車で見事にすっころんで右肩甲骨と肋骨1本を骨折。
気がついたら空を飛んでました。

コミック1に向かう途中だったので事故直後はちょっと休んで回復したらそのままビッグサイトに向かう予定だったのですが、痛みがなかなか引かなかったので断念して来た道をチャリ乗って帰宅。
補足しておくとまさか骨折れてるとは思ってもおらず、チャリをその場に放置して救急車を呼ぶという選択肢は微塵もありませんでしたw

帰宅後に傷の応急処置をしてもらおうと救急外来を受け付けてる近所の病院をピックアップして片っぱしから電話して、荻窪病院で外科診療してくれる目処がついたのでタクシーでGO。
レントゲン撮ったら肩甲骨と肋骨やられてますねー、ってな感じでした。
そこまで重症ではなかったので手術も入院も無しで自然治癒で経過を見る事になり、鎮痛剤を処方してもらって終了。

まぁスマホもいじれるしゲームのコントローラも操作できるしキーボードも叩けるので、右半身がちょっぴり不自由なゴールデンウィークの幕開けとなりました。

くしゃみすると身体の内部の爆弾が破裂したかのような痛みが肋骨を襲うけど耐えるしかないw

お仕事終了

7年勤めてた渋谷の現場が終了。
小学生幼女が入学して卒業して中学入学するぐらいの期間ですよ。
もうプリキュアとかとっくの昔に卒業して、おしゃれに一辺倒で「オヤジうぜぇ」みたいな年頃になってるんだろうなぁ、と有りもしない妄想をしながら最終日を迎え送別会なんかも開いてもらいました。

また呼び戻されろうな雰囲気ではありますが、しばらくはお休みモード。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

シンドかった

台湾帰国翌日は休みも取らずにお仕事。
ただただダルい状態が延々続いてたので、仕事終わりに見に行こうと決めてた『レディ・プレイヤー1』の事だけを考えて乗り切った。
マジで休み取っときゃ良かったっすわー

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

台湾最終日そして帰国

台湾最終日は特に目的になく、午前中からラーメン食べにいこーぜ!という話になり、ホテルチェックアウト後に台北の老牌牛肉拉麺大王という有名(らしい)な店で牛肉ラーメンを食す。
ここの一押しはジャージャー麺らしく、友達がオーダーしたのを一口食べさせてもらったらスゲェ美味かった。
牛肉ラーメンは九份でも食べたので今回は違うメニューしとけば良かったとラーメン来てから後悔。
それでも美味かったけどね!

で、その後は台湾桃園円国際空港まで移動。
余裕持ってチケット発券してもらって搭乗時間まで土産買ったりしてノンビリ過ごし出国手続きもサクッと終わって13:50の便で台湾を後にしたのでありました。

で、日本時間の19時前に成田空港到着。
飛行機を降りた瞬間の第一声が「さむっ!」でした。(その時の気温が17度)

成田からバスで東京駅まで移動して、東京駅八重洲口そばの天狗で反省会という名の帰国飲み会開始。
台湾のご飯も美味しかったけど、日本のチェーン居酒屋で飲んで食ってしてると「あー日本だぁー」と不思議な安心感を憶え、ついついビールから日本酒へとお酒が進んだという、台湾旅行の終着点でした。

せっかくパスポートも10年用で更新したんで、また台湾いきたいすな。

テーマ : 台湾旅行 - ジャンル : 旅行

台湾訪問3日目

台湾3日目は士林にある国立故宮博物院に行ってました。
ここの展示物がまぁ面白くて勉強になる!
日本語での説明はコーナーごとにあるものの、展示物に対しては一切ないのですが説明なくとも何となく分かってしまうんですよコレが。
紀元前から清王朝までのあらゆる美術品、出土された歴史的遺産が1階から3階までのフロアにびっしりと展示されて、全部の展示を見るのにかかった時間はほぼ休憩なしで4時間以上。
休日でもあったので団体観光客も多くて、人気のあるコーナーは人だかりもすごくてなかなか見れない展示もありました。


特に3階は翡翠で作られた装飾品を美術品が数多く展示されて、中華なオバちゃん達が目を輝かせながら見入ってたのが印象的。
紀元前になんでこんな精度で翡翠を加工できるんだろう?と真剣に思い悩むぐらいに素晴らしいものばかり。
日本はまだ縄文時代で貝食って貝塚や土器とか美術品や装飾品には程遠いものしか出土されてないような時代にですよ?
チャイナパワー恐るべし。

3階で特に人気あったのは日本でも上野で展示されたことのある「翠玉白菜」と

肉汁が溢れ出そうな感じのする見た目がまんま肉肉しい感じのする「肉形石」。
どちらも生で見たら本物と見間違いそうになるぐらいに美しい(美味しそうに見える)まさに美術品でした。

基本、フラッシュ撮影しなければ一部の美術品を除いてほぼほぼ撮影OKなので、みなスマホ片手に撮影しまくり状態。
自分はデジカメもって行ってたので見て気に入ったものは写真撮ってきました。

夕方に故宮博物院を後にして、そのまま士林夜市にゴー。
ここは上野のアメ横みたいな感じで店も人も多くて色んな屋台の食べ物で目が奪われるグルメな街でした。
唯一心のこりだったのは、有名な超巨大フライドチキンを発見することができず食べることができなかった事かな。


19時過ぎにはホテルに戻ってきて、その後特に予定もなかったのでホテル周辺を1時間以上かけてブラブラと散歩。
7km歩いて思った感想は、街並みはほとんど日本と変わらんなぁ、でした。

テーマ : 台湾旅行 - ジャンル : 旅行

台湾訪問2日目

ホテルでもらったクーポン券で朝食は「世界豆漿大王」という有名店へ。

朝からきっちり小籠包をいただきました。


午前中は台北の地下街を散策して、中野ブロードウェイのようにオタクショップがズラリと並ぶ区間を見て歩いてたのですが、どうも開店が12時ぐらいからと遅い時間で、一部の飲食店、ゲーセン、ゲームショップを覗いてはほとんどがシャッターを下ろしてた状態。
そんな中で偶然見つけたのがラブプラスのガチャガチャ。
東京でもやったことなかったので、見つけてしまった以上は回すしか選択肢が無い訳で、

無事に一発目でマイ彼女である凛子をゲット。
なんだかんだと凛子との絆は健在ですよ。

所々に同人誌即売会のチラシも貼ってあって、ちょうど滞在期間中に開催なので行ってみたいと思ったり。


地下街がまだ機能していない時間帯だったので、場所を移して台湾のパワースポットと呼ばれる龍山寺へお参り。


そんな中華なパワースポットなればFGOで孔明先生も来てくれるに違いない!と海外からの初課金!

そして安定の爆死。海外爆死もまた良い経験…(´;ω;`)ブワッ


午後からは日本語堪能なタクシーの運転手さんを雇って車で十分に移動。


この線路沿いの短い区間に100件以上の店が立ち並び、ここでは願いごとをランタンに書いて空に飛ばすという「天燈上げ」という風習があり、我々もさっそくランタンに願い事を書いて大空へと飛び立たせるのでありました。


ただ、この近辺はランタンの燃えカスが周囲にけっこう落ちてて、そんなものが空から降ってくるとかちょっとヤバイw


そしてまた車で九份まで移動。
ここも狭い地域に観光客が密集しまくってて凄かった!


千と千尋の神隠しのロケーション地とのことで至る所で公認なのか非公認なのかよく分からぬジブリグッズが販売しまくり。
特に千と千尋の神隠しに登場するカオナシのグッズがメチャクチャ売られてました。




九份で小腹も空いたので牛肉ラーメンを頂く。


で、日もとっぷりと落ちた所で台北に帰還。
夜は夜でお酒の飲める中華屋さんに出かけてたらふく食って飲んでしましたとさ。
マンゴービールが美味しい!

テーマ : 台湾旅行 - ジャンル : 旅行

台湾訪問1日目

特にオタクツアーでも何でもなくて友達と一緒に台湾に3泊4日の旅へGO。

可能であったならば2週間前のアイドルマスターシンデレラガールズ台湾単独公演の時にきたかったけど、今回はゆるり台湾満喫と言う事で。

と、思ったけど街中でアニメ絵を見かけてしまったらビビビッと反応してしまうオタクの性よ。
↓は西門町と言うところ一帯のマスコットキャラの「黙林娘」ちゃんとの事。
この黙娘とは実在した娘さんで、若くしてお亡くなりになった際に神様になったとか。サーヴァントとして召喚できるで。


そして、食した食物はどれもこれも皆美味しくてとてもとても満足。
しかも安い!



潜入!ゆかり王国!

2/24日は友人の王国民に連れられて初のゆかり王国に招待されました。
20180228001245751a.jpg

アニサマやキンスパで何度かゆかりん本人の生歌は聞いた事はあるものの、ピンのライブを見に来たのは初。
果たして王国がどのようなものか?歴戦の王国民を前にしてにわかの自分はガクブルするしかないのか?
そんな期待と不安が入り交じりながら、いざ真新しい武蔵野の森総合スポーツプラザ(イイにくい)にイン。

まぁ、なんと言いますかお噂どおり王国民の皆様がたはマナーも大変素晴らしく本当に紳士淑女の集まり。
そんな彼等彼女らの敬う田村ゆかり嬢が諸悪の根源というかワガママでカワイイ女王様でしたw
開演前の場内アナウンスもゆかりん本人が毎回違うパターンで王国民を笑いの渦に引き込み、いざライブが始まると軽快なMCから圧巻の歌パート、ライブでしか見れない(と思われる)PV、自由きままな王国民いじり(これが一番楽しかった)と、歌知らなくても十二分に楽しめたライブでした。
今回は古めの曲も披露してくれて極上生徒会OP「恋せよ女の子」とか、かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜挿入歌の「コンパス 〜笑顔の行方〜」とか10年以上前に良く見てたアニメの曲を歌ってくれて、ここが歌パートでは個人的に一番盛り上がったかなぁ、と。

メチャクチャ面白かったので次回も王国民の友人がチケット取れそうだったら是非にでも行きたいところ。
これからは王国民としても頑張っていきたいw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

ロボ基地に行ってた

2/13に友人に誘われて、仕事帰りに池袋のロボ基地に初訪問。
店内至る所にロボ。というかサンライズw

ワタルが面白カッコよく30周年ということで色々とコラボメニューやドリンクをオーダー。

秀逸だったのが創界山パンケーキ。
肉料理食べたあとで、食べ切れるか?と悩んでたのが嘘のように友人とペロリと平らげる。
雲が綿菓子なんだけど綿菓子食べたのって何年ぶりだろう?

創界山パンケーキを食べる前に、TVシリーズのマクロスで柿崎が出撃する直前に食べようとして結局食べれなかった「柿崎の幻のステーキ」なるものを食べてた訳ですが、これが肉肉しいまでのボリュームで久々に肉食った感が満喫できたゴージャスな逸品。これ食べても帰宅時は撃墜されずに無事でしたw

ここはまた来たい!

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

2018年1月の『月刊 熱量と文字数』に行ってた。

年明け最初の「月刊 熱量と文字数」を聞くためにシャッツキステにお邪魔する。
今回はサンキューたつおさんによる新しく改訂版が発売された広辞苑の話がメインだったのですが、長濱博史監督の今月のおもちゃの紹介で、かつてマーベルでコミック化されていた『ロム・ザ・スペースナイト』が凄く興味ひかれたのでその事でも。
このロムが1979年に発売されたオモチャで、目、胸、武器、背中のランドセルが発光し、ランドセルのボタン操作で何種類もの効果音が出るという、子供心の琴線に炸裂する素晴らしいオモチャでした。
ロム自体もガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに出演したり一部のマーベルファンには絶大な支持者がいるらしいのですが、マーベルの版権を離れ、現在はトランスフォーマーで有名はハズブロに移り新しくコミック化されているとのこと。
こんな古いオモチャ(しかもアメトイ)をキレイに保存してる長浜監督のコレクター魂が凄い。
このロムの話を「しゃべんじゃーず」というアメコミ大好き芸人さん達が主催するトークイベントにゲスト出演時にした時に、演者も客席もシーンな状態で唯一反応してくれたのがアメコミ評論家でライターとしても有名な杉山すぴ豊さんだけだったとか。
日本においてアメコミ関連の最先端で活躍するすぴ豊さんに写真撮らせて下さいと依頼される長浜監督もやはり凄いw

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック